Admin / Write / Res
by  篠原設計室  一級建築士事務所
篠原設計室は、墨田区・京島の細い路地に面する設計事務所です
このまちで暮らし、デザイン活動をする日々の中
感じたこと、考えたことをつづっています
<< 11  2019/12  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    01 >>
[1]  [2]  [3]  [4
京島のまちを歩いていると、手押しポンプに出会うことがあります。
私が今までに見つけただけでも、8ヶ所(2・3丁目)ほどありました。

古い木造住宅が密集する京島では住民の防災意識が高く、その周辺が防災の拠点となっています。

ポンプは雨水を利用しており、普段は打ち水や庭木のために活用されています。

そこには小さなベンチと桜が配されていて、お年寄りが休憩したり、子供が走り回ったり、コミュニティの場にもなっています。

京島の住民にとって、水は安心を与えてくれるものであり、関わりが深いのです。
090408-takarasakura.jpg1ヶ所、吐水口の部分にホースのジョイントが設置されているポンプがあります。そのポンプを押してみると水の勢いに焦らされると共に、とても笑わせてくれます。
京島に訪れる際は、ぜひ探してみてください。




※写真のポンプではありません。

路地を曲がると少女が楽しそうにキャンバスをひろげていた。

   “スカートをはいた女の子は、カゴバッグを片手にまちに出掛ける
     大好きなお店をいっぱいのぞいて、そのあと
     アイスクリームをほおばる、さらに
      (つぎはどこにいこうかな・・・)

     お気に入りをみつけて
      「みてみて・・・

彼女のイメージはこのまちに無数に広がる路地の末端にまで広がる。

このまちの中では、毎日色々な出来事が起こっています。
このことは建築を考える上で非常に刺激的です。

そんな生活の中での出来事や、感じたこと、考えたことをつづっていきたいと思います。
 

≪   前のページ   HOME  
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
shinohara design office
年齢:
41
性別:
男性
誕生日:
1978/10/19
職業:
建築デザイン
趣味:
自転車 road bike
最新記事
(06/04)
(05/20)
(03/07)
(02/20)
(02/16)
最新コメント
[02/09 shinohara design office]
[02/09 風の谷のウマシカ]
ブログ内検索
カウンター

copyright (c)shinohara design office all rights reserved.
photo and sketch material by noriyuki shinohara
template by tsukika