Admin / Write / Res
by  篠原設計室  一級建築士事務所
篠原設計室は、墨田区・京島の細い路地に面する設計事務所です
このまちで暮らし、デザイン活動をする日々の中
感じたこと、考えたことをつづっています
<< 01  2018/02  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28    03 >>
[119]  [118]  [117]  [114]  [115]  [116]  [113]  [112]  [110]  [109]  [108
091009-arc.jpg

有明TFTホールで行われたアーキフューチャー2009に行ってきました。会場はかなりの混雑。

目的は原広司氏の講演、そして藤本壮介氏・和田智氏による対談、石上純也氏・平田晃久氏による対談の公聴です。

各建築家の方々の考えは興味深く、そして共通しているものがありました。

原氏の言葉を借りると、

『現象としてこういうことが起こっている。その時の建築としての形はどういうものになるか。』

つまり今起こっている事がどのように刻々と変わっていくのか。

それを捉えていく建築の形。

そういった建築を考えている。


ところで今回の5名の中で唯一建築家でない人が和田智氏。

前アウディAG/アウディデザインクリエイティブマネージャーである氏の言葉には、只ならぬ緊迫感がありました。

それまでの原氏、藤本氏の言葉を書きとめたノートは3ページ目に入っていましたが、和田氏の公演中、ペンが走ることはありませんでした。

今、この人の言葉を一言も聞き逃したくない、その姿から目をそらしたくない。

そんな思いが続いていました。

時間もかなりオーバーし、主催者側のカンペで講演は終了してしまいましたが、もっと聞いていたかった。

ノートには冒頭に書いた、

『Satoshi Wada』

の文字しか記されていませんが、その言葉の多くが心に残っています。

非常に感動した一時でした。
この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASSWORD   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
≪   現調   HOME   京島文化まつり vol.2   ≫
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
プロフィール
HN:
shinohara design office
年齢:
39
性別:
男性
誕生日:
1978/10/19
職業:
建築デザイン
趣味:
自転車 road bike
最新記事
(06/04)
(05/20)
(03/07)
(02/20)
(02/16)
最新コメント
[02/09 shinohara design office]
[02/09 風の谷のウマシカ]
ブログ内検索
カウンター

copyright (c)shinohara design office all rights reserved.
photo and sketch material by noriyuki shinohara
template by tsukika